順サヤと逆サヤを覚えよう - 比較.com

 

比較.com > 商品先物取引比較トップ > 順サヤと逆サヤを覚えよう


順サヤと逆サヤを覚えよう

『順サヤと逆サヤを覚えよう』

サヤ取りは「差」と「限月」に注目して、投資を行う方法です。
そのため「スプレッド取引」が主流になります。ここでは、スプレッド取引について、覚えておいてほしい2つのポイントを紹介していきます。

『順サヤ』

順サヤとは、先限(取引できる限月の中で、最も遠いもの)が高い状態になっていることを指します。
こういう場合には、「来年は商品価格が上昇するのではないだろうか?」という市場心理が働いていると言われています。

『逆サヤ』

一方、逆サヤとは先限(取引できる限月の中で、最も遠いもの)が安い状態になっていることを指します。
こういう場合は「来年は豊作だろうから、商品の単価は下がってしまうだろう」ということを見越して価格が下がっていると言われています。
商品の総量が増えると単価が下がるのは、どの業界でも同じ原理です。

ダイヤモンドやプラチナが何故高価なのかというと、「希少価値がある」から。
もし、ダイヤモンドやプラチナが鉄のように、どこででも採れるようなものなら、ここまで高騰せずに購入できたでしょう。
しかし、希少価値があるからこそ、高価な取引が実現するのです。

『順サヤと逆サヤでココを抑えてほしいポイント』

例えば、先限と当限での価格の差が従来のデータから見て差が付いていたとしても、順サヤなのか逆サヤなのかで取引内容が変わってきます。
サヤ取りで利益を上げていくには様々なデータの積み重ねがとても重要になってくるのです。

また、順サヤ・逆サヤという流れも大事ですが、その差がどのように生まれたのかが重要なポイントになります。
限月は6期分しか出ませんが、それ以前にその差は埋まったのか離れたのか、このように考えることが無数にあります。
他にも、同系列の商品の価格の動向データも調べつつ、プラス要素の指標として常に気を配る事が大切です。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する比較.com株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.