サヤ取りのメリット - 比較.com

 

比較.com > 商品先物取引比較トップ > サヤ取りのメリット


『サヤ取りのメリット』

実は、「サヤ取り」とは「サヤすべり取り」や「オプション売り」と同列に「世界三大利殖法」の一つとして挙げられるほど優れた投資手法だと言われています。それだけメリット部分が大きい手法という訳です。

世界恐慌や、震災、天災など、社会現象の様々な現象で、世界の商品価格はものすごく上下します。
このような状況で「片張り」しかしていない人は、圧勝か惨敗しかありません。
価格が急激に下がったときに、「買っていた」人は大損害を受け、「売っていた」人は莫大な利益を手にするでしょう。
このように、片張りには常にリスクを負う形になります。

しかし、サヤ取りをやっていると、このような形式になります。
「今回の商品は暴落したけど、1月限は売っていて、3月限は買っている」
「暴落のおかげで、1月限は利益が出たけど、3月限はマイナスだな」
「暴落したけど、売りと買いを両方立てられるから、影響は少なくて済んだな」

以上のように、商品先物取引で行うサヤ取りは買いと売りを両方立てており、その「差」で利益を上げるため、暴落や暴騰の影響を受けにくいと言えます。
片方が損失を被っても、片方では利益が出るからです。
暴騰しても暴落しても、どちらかでマイナスを補填することができるため、影響を受けにくいのです。
これは、投資を行うにあたって精神的にも大きなメリットだと言えます。

もちろん、買う枚数や売り枚数を調整しており、両方とも損をしてしまう。
または、暴落して、マイナス部分を手放した瞬間に暴騰してしまい、両方とも大赤字になるということも考えられないでもありません。
しかし、2つのポジションを持つことで、安定性のある投資手法になることは間違いありません。

『サヤ取りのデメリット』

サヤ取りのデメリットな部分は、たった一つ。
それは「情報量の少なさ」にあります。
どの投資手法でも同じことなのですが、安定して利益を出すためには、十分な時間を掛けて、知識と技術を学ばなければいけません。
「サヤ取り」は、商品先物取引でしか使われていないような投資手法のため、分かりやすく説明した教材もインターネットの情報もそこまで完備されていません。
知識と技術を学ぼうとしても、学ぶための教材が無い場合が多いのです。

例えば、「ガソリン」の1月限と3月限の価格の差が5000円だとしても、その開きが「開きすぎているのか」それとも「標準なのか」の判断ができないのです。
その判断をしないことには、サヤ取りをすることはできません。
そのためにも過去の統計データが必要ですが、そんな便利なものは無いので自分で作成しなくてはなりません。
ただ、自作することによって、自分だけに使いやすいデータ整理が可能です。サヤ取りを極めるには、データの存在が必要不可欠です。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する比較.com株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.