オンライントレードの「手数料」 - 比較.com

 

比較.com > 商品先物取引比較トップ > オンライントレードの「手数料」


『オンライントレードの「手数料」』

以前は、取引の際の「手数料」がネックになっている方がとても多かったと思います。
しかし、ここ数年で投資取引といえば「オンライン」で取引するのが当然になりました。
一番のポイントとしては「手数料の安さ」があるでしょう。

現在ではネット証券も星の数ほどあるので、どこが一番良い!ということは一概に言えません。
手数料の比較もありますが、取引ツールの利便性やサーバーの強度も問題になってきます。
脆弱なサーバーを使っている場合は、いくら手数料が安くてもあまり使いたくありませんよね。
肝心なところでサーバーがダウンしてしまうと、長期的に見て大きな損害になると思います。

しかし、商品先物取引に関しては、「かなり高い倍率のレバレッジ」が利いているということもあり、証拠金から手数料を計算すると、1%もいかない手数料になることが多いです。
そのため、商品先物取引に関してだけは「手数料」よりも「使いやすさ」や「情報量の多さ」などに重点を置いて業者を選んでもいいかもしれません。

投資全般に言えることですが、商品先物取引に関してはかなりのレバレッジが利いているために、最大の注意を払ってリスク管理をする必要があります。
リスク管理を怠ると、ハイリスク・ハイリターンの為、すぐに大きなマイナスに転じてしまう危険性があります。
さらに、商品先物取引は株式取引や外国為替取引に比べてもデイトレーダーが少なく、取引回数が頻繁にないのが特徴的です。
そのため、手数料に関してはある程度無視して業者を選ぶことができます。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する比較.com株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.