商品先物取引用語集 | な行

 

商品先物取引をする上で、知っておきたい用語を集めました。 取引を始める前の勉強や、困った時の辞書としてお役立て下さい!

50音インデックス

内部要因(ないぶよういん)
経済ニュースや生産量・在庫状況などの外部的な要因では無く、建玉の保有状況など市場内部にある相場を動かす材料のことをいう。
ナイメックス(ないめっくす)
ニューヨーク商業取引所のことで、エネルギー、金利、貴金属の先物とオプションが上場されており、多くの商品が世界の価格指標となっている。ニューヨークマーカンタイル取引所とも訳す。 なお、コメックスはかつて独立した取引所であったが、現在はニューヨーク商業取引所の一部門。
中限(なかぎり、ちゅうぎり)
各限月のうち、納会日までの期間が最も短いものと最も長いものを除く中間の限月のことをいう。 同義語は「中物(なかもの、ちゅうもの)」、「中月限(なかげつぎり、ちゅうげつぎり)」。 なお、納会日までの期間の長さが3番目と4番目の2つの限月のみを指す場合もある。
中月限(なかげつぎり、ちゅうげつぎり)
各限月のうち、納会日までの期間が最も短いものと最も長いものを除く中間の限月のことをいう。 同義語は「中物(なかもの、ちゅうもの)」、「中限(なかぎり、ちゅうぎり)」。 なお、納会日までの期間の長さが3番目と4番目の2つの限月のみを指す場合もある。
中物(なかもの、ちゅうもの)
各限月のうち、納会日までの期間が最も短いものと最も長いものを除く中間の限月のことをいう。 同義語は「中限(なかぎり、ちゅうぎり)」、「中月限(なかげつぎり、ちゅうげつぎり)」。 なお、納会日までの期間の長さが3番目と4番目の2つの限月のみを指す場合もある。
投げ(なげ)
既存の買い方が、値下がりに耐えられず、出さざるを得ずに出す決済注文のことをいう。対義語は「踏み(ふみ)」。
投げ売り(なげうり)
損失覚悟で買い玉を売って決済することをいう。 底値を割り込み買い方が一斉に投げ売りすると、当面の底値になることが多い。
成行注文(なりゆきちゅうもん)
約定価格の条件を指定しない売買注文。約定については、注文発注時の相場動向で約定価格が決まるが、価格優先の原則で指値注文より優先される。
軟化(なんか)
値下がりすることをいう。または、小幅の値下がりが続くことにより買い人気が離散していく状況をいう。
軟調(なんちょう)
相場が値下がりを続けていることをいう。対義語は「堅調(けんちょう)」。
難平(なんぴん)
市場内部における、相場を動かす原因となりうる材料のこと。取組みの内容などを指す。

ページトップへ戻る

日銀金融政策決定会合(にちぎんきんゆうせいさくけっていかいごう)
日銀の政策委員会が月に1、2回開催するもので、金融調節の基本方針、公定歩合、預金準備率の変更などの金融政策を集中的に話し合う。決定事項については、会合終了後直ちに決定内容を公表し、 議事要旨については会合の約1か月後にを公表する。 総裁と2人の副総裁、6人の審議委員が構成メンバーで、財務大臣および経済財政政策担当大臣、財務省などの政府代表もオブザーバーとして出席するが議決権はない。
日本商品先物振興協会(にほんしょうひんさきものしんこうきょうかい)
社団法人日本商品取引員協会(旧日商協)が平成10年の法改正により法定の自主規制期間に改組されたことに伴い、従来旧日商協が行っていた業界振興事業を継承し、発展させるために、平成11年4月に新たに発足した商品取引員を会員とする任意団体。 主たる事業内容は、商品先物取引制度の改善に係る建議、要望等を初めとし、会員の経営改善、先物取引に関する調査、研究及び先物取引についての一般への啓蒙普及の促進等である。
日本商品先物取引協会(にほんしょうひんさきものとりひききょうかい)
商 品取引所法第245条の規定により、農林水産大臣並びに経済産業大臣の許可を受けた法人で、商品取引員を加入会員とする自主規制団体である。平成10年の 商品取引所法の改正により、平成3年5月に設立された社団法人日本商品取引員協会(旧日商協)を同法の法定法人として全面的に改組して、新たに平成11年 4月に設立された。 主な事業内容としては、先物取引に係る受託等業務の公正円滑な運営の確保及び委託者保護を図ること等を目的とし、会員の受託等業務に係る関係法令の遵守及 び委託者保護上の指導、勧告、関係法令、定款等違反に係る会員制裁並びに委託者に係る苦情の解決、紛争のあっせん・調停のほか、外務員の大臣登録に係る登 録事務及び登録外務員の資格試験等があげられる。
ニューヨーク商業取引所(にゅーよーくしょうぎょうとりひきじょ)
NYMEX(ナイメックス)のことで、エネルギー、金利、貴金属の先物とオプションが上場されており、多くの商品が世界の価格指標となっている。和訳では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所と記されることもある。 なお、コメックスはかつて独立した取引所であったが、現在はニューヨーク商業取引所の一部門。
ニューヨーク・マーカンタイル取引所(にゅーよーく・まーかんたいるとりひきじょ)
NYMEX(ナイメックス)のことで、エネルギー、金利、貴金属の先物とオプションが上場されており、多くの商品が世界の価格指標となっている。和訳では、ニューヨーク商業取引所と記されることもある。 なお、コメックスはかつて独立した取引所であったが、現在はニューヨーク商業取引所の一部門。
人気(にんき)
市場参加者の多数派にとっての相場の見通しや、相場そのものの注目度、または値動きのトレンドことをいう。トレンドが明確になり取引も活発になると「人気が出てきた」などと言って用いる。 単に人気だけで動いた相場を「人気相場(にんきそうば)」といい、その対義語は「実勢相場(じっせいそうば)」。
人気相場(にんきそうば)
買い注文が買い注文を呼んで上昇したり、売り注文が売り注文を呼んで下降したりすることで、需給などファンダメンタルズによる裏付けの無い投機対象としての値動きのことをいう。対義語は「実勢相場(じっせいそうば)」。

ページトップへ戻る

抜け幅(ぬけはば)
売買を行う際に、手数料や税金などがかかるが、これらを考慮したうえで、プラスの利益が出るかの目安のこと。

ページトップへ戻る

値洗い(ねあらい)
(1)未決済の建玉について、現在の評価価格で決済した場合の仮の損益計算のことをいう。(2)取引所では事務の処理上、大引け後に多数の約定値段をある一定の値段に引き直すこととしているが、この場合に生ずる差金を計算することをいう。
値が飛ぶ(ねがとぶ)
前日の終値から大きく上下した値段で寄り付くことをいう。また、非常に素早い値動きのことをいう場合もある。
値崩れ(ねくずれ)
保ち合っていた相場が下がり始めたり、崩れるように値下がりする様子をいう。
値頃、値頃感(ねごろ、ねごろかん)
価格が高いか安いかを、絶対値から判断する感覚のことをいう。例えば、価格そのものを見て「○○円はお買い得」「いくらなんでも○○円は高すぎる」というような感覚のことをいう。
値頃恐れ(ねごろおそれ)
すでに値頃と思われる価格までの値動きがあったため、追随して買いまたは売ることに危険を感じることをいう。同義語は「値頃警戒(ねごろけいかい)」。
値頃警戒(ねごろけいかい)
すでに値頃と思われる価格までの値動きがあったため、追随して買いまたは売ることに危険を感じることをいう。同義語は「値頃恐れ(ねごろおそれ)」。
値鞘(ねざや)
相場における売値と買値の価格差のこと。限月間、場所間の値段の開きのこと。
値段が滑る(ねだんがすべる)
(1) ザラバ取引中に注文を執行した時点の価格と実際に成立した価格に差が出ることをいう。 ストップ注文で指定値段の条件満たした時点や成行注文を執行した時点において、先行する成行注文の数量や相対する指値注文の数量により、現在値よりも不利 な価格での約定が生じることがある。市場に出されている指値注文が少ない場合や、短期間の価格変動が大きいほど、値段が滑りやすい傾向がある。同義語は 「スリッページ」。(2)順鞘の相場において、期近が納会を迎えて取引出来る期間が短くなるほど価格が下がることをいう。同義語は「鞘滑り(さやすべり)」。
値幅制限(ねはばせいげん)
取引所では、一日の変動幅を前日の終値を基準に、上下いくらと制限しており、制限値幅いっぱいの上昇を「ストップ高」、逆に下落を「ストップ安」と呼ぶ。 偏った売買や投機的な売買により、市場が混乱することを避けるためのルールとされる。
値を削る(ねをけずる)
値上がり後、その上昇分が少しずつ削り取られるように値下がりすることをいう。
年末納会(ねんまつのうかい)
一年の最後の立会のことをいう。同義語は「大納会(だいのうかい)」。

ページトップへ戻る

納会日(のうかいび)
最後の立会日のことをいう。特に断りがなければ、期近の限月の取引が終了する「当限納会(とうぎりのうかい)」のことを指すことが多い。 他にも、年末の最終営業日を「大納会(だいのうかい)」または「年末納会(ねんまつのうかい)」という。 また、納会日の値段が高かった場合を「高納会(たかのうかい)」、安かった場合を「安納会(やすのうかい)という。
ノリリスク社(のりりすくしゃ)
ロシアの鉱山会社で、白金系金属生産の拠点として挙がられるが、生産量、生産設備、備蓄等に関して不明な点が多い。同国の白金輸出は主に日本向けである。

ページトップへ戻る

情報提供:ドットコモディティ

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.