クレジットカードの審査とは | クレジットカード比較 - 比較.com

 

クレジットカードの審査とは

クレジットカードを手にしたいと思う方にとって、審査の基準は気になるところ。どのような判断されているのか、基準は何なのか? ここではその基準について見ていきます。

3つの判断材料

クレジットカード会社が加入希望者の状況を判断する材料は、大きく分けて3つあります。安定した収入が見込めるかどうか、今後も所在が確認できるかどうか、過去に金融機関などとトラブルがないかどうか、という点です。

収入について

加入希望者がカード利用開始後に安定した収入が見込めるかどうかを判断するものとして、まず年齢があげられます。たとえアルバイトをしていたとしても、学生としての身分がある年齢ですと支払い能力は疑われます。大抵のクレジットカードが、加入条件を18歳以上あるいは成年としているのはそういう理由です。ただし、学生カード、あるいは家族カードへの加入は、保護者の経済状況を見て判断されるものですから問題ないでしょう。

年齢条件をクリアしたとして、収入の裏づけとなる職業に関して様々な基準を設定しています。まず勤続年数が長ければ長いほど、その後もそこで働き続ける可能性の裏づけとなります。また、勤務先の規模、業種的に安定している職種かどうか、正社員なのかそれとも契約・派遣社員・パートであるか、現在の年収はどれぐらいなのかということがすべて審査の対象となってきます。これらの情報はお金を貸すクレジットカード会社にとっては最重要項目。勤務先に電話をかけて確認をする場合もあります。

所在について

次に、今後も所在が確認できる状態かどうか、が問われます。仮に口座から引き落としができないというようなことが起こった場合、カード会社は加入者に電話や郵送で通知、催促を行います。その時に、登録時に記入された住所に変更が無く、連絡可能かということは、踏み倒しという最悪の場合を想定すると必要です。 それでは、何で判断するのか。まず、居住年数が問われます。現住所に住み続けて何年なのかということです。1年未満ですと、転居がちな人物とマイナスなイメージを持たれかねません。けれど、居住形態が持ち家か借家なのかということで話は違ってきます。また、一緒に暮らす家族構成もここでは重要になってきます。一人暮らしか、家族と共に暮らしているか。本人と連絡がつかない場合でも、そこに他の家族がいるならば転居先が把握できるからです。

取引履歴について

最後に加入希望者の過去の履歴に関わることです。今まで金融機関などとトラブルがなかったかどうかということです。それまで他社も含めて借り入れをおこなっていたとしても、きちんと返済ができている場合には問題ありません。けれども、例えばかつてクレジットカード会社が指定口座からの引き落としをかけても残高が足りなかった、そしてその状態を長期間に渡って放置していたなどの履歴がある場合、各クレジットカード会社はそれらの情報を共有していますので、審査に通らなくない可能性もあります。

これまで述べた基準については、カード会社は総合的に判断します。たとえ一項目が引っかかったとしても、他の基準でカバーできる場合がほとんどです(ただし、過去の金融トラブルに関する履歴については厳しく対応している会社が多い)。また、各カード会社は限度額の設定などを変え、様々な種類のカードを発行していますので、今の自分にあったカードを選ぶことが大切でしょう。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.