アクワイアラー、イシュアーとは | クレジットカード比較 - 比較.com

 

アクワイアラー、イシュアーとは

アクワイアラーは、クレジットカード業界の中で、加盟店開拓や管理などを行う加盟店契約会社のことをいう。また、VISAやMasterCardなどの国際ブランドでは、加盟店を審査・認定し、そのカードやプログラムに加盟店を参加させ、決済処理を担い、加盟店に対する決済を完了させるライセンスメンバーを意味することもある。一般にクレジットカード会社の事業活動は、カード発行業務(イシュアリング)と加盟店契約業務(アクワイアリング)に分けられ、アクワイアラーは後者の業務を担当する。米国の場合、クレジットカードを発行するのは銀行などの金融機関がメインで、加盟店の開拓業務等は専門業者に任せるシステムとなっているのに対して、日本の場合、クレジットカード会社が「イシュアー」と「アクワイアラー」を兼ねるのが普通である。

イシュアーは、クレジットカード業界の中で、自社カードや提携カードなどの発行を行うカード発行会社のことをいう。また、VISAやMasterCardなどの国際ブランドでは、自社が発行するカードに、これらのブランドを付けて発行できるライセンスメンバーを意味することもある。一般にクレジットカード会社の事業活動は、カード発行業務(イシュアリング)と加盟店契約業務(アクワイアリング)に分けられ、イシュアーは前者の業務を担当する。米国の場合、クレジットカードを発行するのは銀行などの金融機関がメインで、加盟店の開拓業務等は専門業者に任せるシステムとなっているのに対して、日本の場合、クレジットカード会社が「イシュアー」と「アクワイアラー」を兼ねるのが普通である。

逆にユーザーから最も見えにくいのがアクワイアラだろう。アクワイアラとは、加盟店向けにサービスを提供する事業者のことだ。具体的には、店舗を1店1店まわってクレジットカード52件決済ができるシステムを入れてもらえるように頼んだり(これを「加盟店開拓」という)、ユーザーがカード決済で“ツケ”にしたお金を精算し、加盟店に支払ったりするのが仕事である。

最も重要かつ、ユーザーに近いところにいるのが「イシュア」。実際にカードを発行する事業者のことで、カード発行会社とも呼ばれる。ユーザーに対して、実際の信用取引(=お金の立て替え)を行うのがイシュアだ。 カードを裏返してみると、発行会社が書いてあるはずだ。例えばカードの表面に「JCB」とロゴが入っていても、それはジェーシービーが発行したカードとは限らない。例えば下の写真(ビューカード)の場合、ブランドはJCBだが、実際にカードを発行しているイシュアは東日本旅客鉄道ということになる。

JR東日本が発行しているビューカードにはいろいろ種類があるが、写真は駅ビル「ルミネ」の会員カードと一体化したタイプ。クレジットカードとしてのほか、Suicaカード、ルミネ会員カードとしても利用できる クレジットカードが使えるということはつまり、そのカードを発行しているイシュアが、あなたにお金を貸してくれているということを意味する。ショッピングの場合もキャッシングの場合もそれは同じだ。また、各種の利用者特典やポイントなどをユーザーに提供しているのも、基本的にはイシュアである。 クレジットカードを選ぶとはすなわち、どのイシュアを選ぶか? ということでもあるのだ。

あなたのカード、ブランドは何でイシュアはどこ?
ショッピングには、買い物をする店舗の他、3つの立場のクレジットカード52件事業者が関わってくる。その役割を大きく分けると、「ブランドホルダー」「イシュア」「アクワイアラ」の3つになる。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.