クレジットカードのブランドとは | クレジットカード比較 - 比較.com

 

クレジットカードのブランドとは

私たちが、便利に使っているクレジットカードの世界にも、ブランドというものがあるのをご存知ですか。実は、ブランドと提携するクレジットカードには、その券面に必ず、そのブランドのロゴマークなどがプリントされているんです。
クレジットカードの中には、国内のみでしか使えないものと、世界中で使えるものとがあります。みなさんが持っているクレジットカードがどこで使えるかは、そのカードが何のブランドかで決まってきます。それでは、クレジットカードのブランドについて、より詳しくみていきましょう。

国内ブランド

国内ブランドとは、日本国内のみで使用できるブランドを指します。
NICOS、DCなどが国内ブランドに該当します。近年では、これら国内ブランドも国際ブランドと提携しているものが増えています。

国際ブランド

国際ブランドとは、世界中の加盟店で使用できるクレジットカードのブランドを指します。
現在、全世界の加盟店で使えるクレジットカードの国際ブランドには、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Clubの5つがあげられます。この5つを指して、5大国際ブランドと呼ぶこともあります。なかでも、加盟店の数や決済額の大きさから、VISAとMasterCardは双璧をなす2大ブランドといえるでしょう。 それでは5大国際ブランドの特徴をチェックしてみましょう。

(1)VISA

VISAは、世界的にMasterと並んで認知度の高さを誇るブランドの1つです。世界中で13億枚を超える発行数を誇り、日本国内でもトップのシェアを誇ります。

(2)MasterCard

MasterCardは、世界的にVISAと並んで認知度の高さを誇るブランドの1つです。ショッピング利用額は毎年1兆円以上にのぼり、ヨーロッパで最も強いカードといわれています。

(3)JCB

JCBは、日本発祥のブランドの中で唯一の国際ブランドといえるブランドです。 日本国内での利用には、最も利用しやすいクレジットカードといえ、国内カード発行数は第1位です。

(4)American Express

American Expressは、Diners Clubと同様にステータスカードとしての認知の高さが魅力のブランドです。年会費が高く、加盟店側の手数料も高いため加盟店数は少ないのですが、サービス内容は充実しています。

(5)Diners Club

Diners Clubは、1950年に世界で初めて発行されたクレジットカードです。ステータスカードとして最高ランクを誇り、会員はエグゼクティブ層が多いのが特徴です。加盟店は少なく、年会費の高い一方で、利用限度額や傷害保険のサービスが充実しています。

さて、ここまでクレジットカードの国内ブランド、国際ブランドについて紹介してきました。これで、みなさんのお手元にあるクレジットカードのブランドはなにか、そして世界中で使えるのかどうか、おわかりになりましたね。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.