クレジットカードの仕組み | クレジットカード比較 - 比較.com

 

クレジットカードの仕組み

クレジットカードは、現金が手元になくても、それに代わって代金を支払うことができるとても便利なツールです。欲しい物に出会った時、予定していない急な出費に見舞われた時、現金を持ち合わせなくてもクレジットカードが現金の代わりをしてくれるのです。
それではなぜ、現金を支払っていないにも関わらず、クレジットカードで商品を購入することができるのでしょう?

信用とクレジットカード

そもそも、「クレジットカード」とは、クレジットカード会社が、カード利用者に信用(credit)を与えるという意味で“クレジット”と名付けられています。 利用者の信用に基づいてカード会社との間に契約が結ばれた利用者は、引き落とし日までに、利用代金を銀行に入金する代わりに、カード会社から与えられた信用で、カード加盟の商品やサービスを受けることができるのです。

クレジットカードの仕組み

それでは、クレジットカードの仕組みについてもう少し詳しく見ていきましょう。
カード利用者が利用できる加盟店で、商品の購入に際しクレジットカードを提示すると、クレジットカード会社が加盟店への支払いをいったん肩代わりしてくれます。その代わりに加盟店は手数料を支払います。そしてクレジットカード会社は、肩代わりした支払い代金を、後でカード利用者へ代金請求するという仕組になっています。

利用者、加盟店、クレジットカード会社のメリット

クレジットカードの利用者は、このような仕組みのお陰で、現金の代わりに加盟店で商品購入やサービスを受けることができます。また、利用者は一括払い、分割払い、リボルビング払い、ボーナス払い、分割2回払いなど多様な支払い方法を上手に選択することで、毎月の支出管理ができるメリットもあります。

加盟店は、お客がクレジットカードで買い物をした場合、代金の3〜5%を手数料としてカード会社に納めるため、利益が少なくなりますが、現金を持ちあわせていないお客にも商品を買っていただき、高額商品の購入を促進させる効果もクレジットカードにはあります。 利益から手数料分を差し引いても、加盟店には売り上げアップというメリットがあります。 カード会社は、加盟店から支払われる手数料のほか、客が分割払いを選択した場合に得られる金利、クレジットカードの年会費という利益を得ています。

このような仕組みのお陰で、私達は、国内海外を問わず、現金を持ち歩かなくても、クレジットカードでショッピングができるのです。しかし、とても便利だからこそ、クレジットカードの仕組みを十分に理解して、そのルールを守って上手に活用することがとても大切です。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.