コンビニの買物にお得なカード | クレジットカード比較 - 比較.com

 

コンビニの買物にお得なカード

コンビニは皆さん使いますよね? その利便性からスーパーや百貨店よりコンビニ利用率が高い人もいることでしょう。
コンビニによっては、クレジットカードを自由に使うことができない店もまだまだありますが、だいたいの商品を定価で売っているコンビニだからこそ、クレジットカードで支払えば、ポイントで節約ができます。
さらにクレジットカードなら小銭を用意しなくてもいいからスマートに素早くコンビニエンスストアでの支払いを済ませることができます。コンビニでクレジットカードを使う場合、基本的にサインは不要です。おつりの小銭も増えないので財布もスッキリ・スマートです。

流れとしては、
1.品物をレジに出す。
2.カードを定員さんに出して支払い方法(「一括で」など)を言う。
3.店員さんがレジでカード処理をしてくれる。
4.お客様控え(クレジットで購入したというレシートです)を受け取る。
5.品物を受け取る。

たったこれだけで終わりです。かなり簡単ですね。少額でもクレジットを受けつけてくれるので遠慮なく使いましょう。

もし、あなたが頻繁に利用するコンビニがある場合、そのコンビニの「提携カード」がお得です。
コンビ二(系列店)各社で、クレジットカード会社と提携し、自社の特典があるカードを発行しているカードです。

・セブンイレブン「アイワイ・カード」
・ミニストップ「イオンカード」
・ローソン「ローソンPontaカード」
・ファミリーマート「ファミマTカード」
・サークルKサンクス「カルワザカード」
などがあります。

提携カードには、曜日でポイントが増える、キャンペーン商品を割引価格で買うことができる等、そのコンビニ独自のキャンペーンに参加できたり、商品を割引価格で購入できたりと、特典もさまざまです。 ぜひ活用しましょう。

コンビニでクレジットカードを使う場合に気をつけなければいけないこと

クレジットカードを利用した場合、必ず『お客様控え』をもらい商品の値段があっているかどうか確認して自分で保管しましょう。
控えをレシートのようにお店に置いてきてしまうのは危険ですから必ず持って帰りましょう。
また、サインなしで少額決済できるからといって、カードを他人に貸したりすることはできません。クレジットカードはあくまでもカード会社から貸し出されているものなのでしっかり管理することをおすすめします。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.