公共料金の支払いもクレジットカードが便利 | クレジットカード比較 - 比較.com

 

公共料金の支払いもクレジットカードが便利

私たちの生活に欠かすことのできない電気、ガス、水道、電話等、これらの公共料金を、みなさんは現金で支払っていらっしゃいますか、それとも口座振替でしょうか。
公共料金の支払い方法には、銀行振り込みやコンビニ払いなどの現金払い、口座振替、そしてクレジットカード払いの3通りがあります。
現金支払いは、毎月それぞれの公共料金を支払う手間が掛かります。口座振替は手間いらずではありますが、実はクレジットカード払いに比べ損をしているのです。それはなぜでしょう。

ポイントが貯まる

クレジットカードには、ポイントプログラムというサービスがあります。カード利用者であれば、カードの利用額に応じてポイントが付与され、貯まったポイントを景品やエアラインマイルと交換したり、他のポイントへ移行したりと身近に活用されているかと思います。 電気、ガス、水道、電話等、これらの公共料金をクレジットカードで支払うと、毎月確実にポイントが貯まっていきます。ポイントの還元率が高いクレジットカードに支払いを集中させれば、効率よくポイントを増やしていくことができますね。

公共料金の管理が簡単

公共料金をカード払いにすると、クレジットカード会社から送られてくる利用明細書に料金が一覧で表示されます。利用明細書1枚でそれぞれの公共料金がひと目でわかり、電気・ガス・電話など、各社から届く請求書の管理を、それ1枚の管理で済ませることが可能です。

公共料金の各事業者が発行するクレジットカード

公共料金の各事業者が発行するクレジットカードも、発行されています。例えば、利用金額に応じてNTTグループの料金が割引になる「NTT Group Card」や、関西電力が発行する「はぴeVISAカード」などがあげられます。このようなクレジットカードは、公共料金の支払いに対して、ポイントを優遇するサービスを提供していることが多く、公共料金の支払いで貯まるポイントを効率的に増やしたい方には、おすすめかもしれません。
現在クレジットカードで支払える公共料金の分野としては、電気料金 、ガス料金 、水道料金、固定電話、携帯電話、放送料金(NHKなど)、新聞購読料、インターネット・プロバイダ、税金などがあります。ただし、中にはクレジットカード払いに対応していない会社(地域)もあるため、事前に確認しましょう。そうは言っても、クレジットカードが利用できる公共料金の範囲は急速に広がっています。対応しているのなら、クレジットカードで支払わない手はありません。 賢い人はもう始めている「公共料金のクレジットカード支払い」、あなたも今日から始めてみませんか?


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.