携帯電話代金もクレジットカードで | クレジットカード比較 - 比較.com

 

携帯電話代金もクレジットカードで

毎月発生する支払いというと、生活に欠かすことのできない電気、ガス、水道、電話等の公共料金の他、携帯電話の料金があげられます。ここでは、携帯電話料金の支払いに特化したクレジットカードを見ていきましょう。

携帯電話料金支払い用のクレジットカードの中には、携帯電話料金の支払いを使用額に応じてポイントとして貯めるかキャッシュバックとするかを選択できる携帯電話料金支払いに特化したクレジットカードがあります。主なクレジットカードやサービスとして、「NTT Group Card」「SoftBankカード」「auじぶんcard」や三菱UFJニコスのクレジットカードに付帯する「DCキャッシュバックサービス」があげられます。なお、同携帯電話料金支払いに特化したクレジットカードとして有名な三菱UFJニコスの「K-powerカード」は、2009年12月18日をもって、新規募集が終了となっております。

NTT Group Card

NTTファイナンス株式会社から発行されているNTT Group Cardは、ポイントプレゼントコースとおまとめキャッシュバックコースという2つのコースからプログラムを用意。キャッシュバックコースでは携帯電話の他、固定電話やインターネットプロバイダーなどNTTグループの利用料金が、毎月の利用額に応じて割引されます。また、出光のガソリンスタンドでの割引や、ホテルの宿泊料金割引などもあります。また、年会費は、ネット明細書利用を希望すれば無料化できます。

SoftBankカード

SoftBankカードは、ソフトバンクの携帯電話をお持ちの方におトクな特典とサービスを提供するソフトバンクのオフィシャルクレジットカードです。
選べるカードは、年会費無料。ソフトバンクモバイルの携帯を紛失、全損した場合に、新規購入した費用の一部を補償してくれ、安心保証はiPhoneにも適用されるのが心強いです。

auじぶんcard

じぶん銀行が発行するauじぶんcard。じぶん銀行はauと三菱東京UFJ銀行がつくった新しい銀行です。
年会費は永久無料、付帯保険は、月額300円〜のオプションで追加可能です。
auケータイ料金はもちろん、ショッピングや旅行などの代金を「auじぶんcardセゾン」で支払うと、100円ごとに1ポイントが貯まります。このポイントには有効期限がなく、またキャッシュバックやKDDIご利用料金に充当などに使えます。

・DCキャッシュバックサービス
三菱UFJニコスのクレジットカードに付帯する「DCキャッシュバックサービス」では、DCカードを使い支払っている毎月の携帯電話等の料金またはプロバイダー料金を、カードの利用金額に応じて最大60%キャッシュバックするというもの。DCキャッシュバックサービスには「携帯電話コース」と「プロバイダーコース」があり、いずれか1コースのみを申し込まなければなりません。なお、ポイントプログラムはDCハッピープレゼントポイントにかわるサービスとなっておりますので、このサービスに登録されると、もちろんDCハッピープレゼントのポイントはつきません。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.