クレジットカード整理術 | クレジットカード比較 - 比較.com

 

クレジットカード整理術

みなさんは、クレジットカードを何枚お持ちですか?銀行口座を開設すれば勧められ、スーパーに行っては勧められ、そのカードならではの特典を説明されなどすると、ついつい作ってしまい、財布の中のクレジットカードは増えてしまう……、そのような方もいらっしゃるかもしれません。しかし、持っているクレジットカードが多ければ多いほど、締め日と引き落とし日を把握し、それぞれのカードの請求額をチェック、支払日までには指定の口座に引き落としに十分な残高を入金しておく等々と、かかる手間は結構なものになります。また、複数のクレジットカードを使っていると、ポイントも分散し、その有効期限の管理なども甘くなりがちです。クレジットカードのポイントや特典を有効に活用するためにも、月々の管理の手間を省くためにも、クレジットカードを整理することをお勧めします。・使用していないカード複数クレジットカードを所有されている方の中には、まったく使用していないクレジットカードがあるという方もいらっしゃるかもしれません。年会費も無料だし、持っていても損はないといえば、そうかもしれません。しかし、一定期間使っていないということは、今後も使用しない可能性が高いということ。クレジットカードを持っていれば、紛失や盗難などの危険性がついてまわります。お手元のカードは、目が行き届く、管理できる枚数におさえることがとても大切です。一定期間使わなかった時には処分してしまいましょう。

メインカードとサブカードさて、次にお手元のクレジットカードを整理するにあたり、それらをメインカードとサブカードにわけて選択してみるのは、いかがでしょうか。総合力の高いオールラウンドに使えるものをメインカードに、ライフスタイルにそったカードをサブカードにと選んでみると、それぞれのカードの役割が相互に補完されたクレジットライフが実現できると思います。メインカードは、ビジネスからプライベートまで生活全体をサポートしてくれる総合力の高いものを選ぶべきでしょう。決済限度額が高く付帯保証が充実し、国内のみならず海外の加盟店でも使用できる国際ブランドであることが重要です。グレードの高いカードの方が、より適しているといえるかもしれません。一方、サブカードには、よく利用するお店やサービスなどライフスタイルにそって選ぶといいでしょう。よく利用するスーパーが決まっているならばそこが発行するカード、旅行が好きならば航空会社が発行するカード、車を運転する人ならばガソリン代が割引になる石油会社のカード等々。

さて、無駄なクレジットカードは処分し、厳選したクレジットカードに決済を集約することについてご紹介してきましたが、どのようなカードを選ぶ際にも、ポイントの還元率は考慮に入れましょう。還元率は、0.5%〜1%程度に設定しているカード会社がほとんどです。しかし、自社商品購入時にはポイントアップとか、還元率が高いボーナスポイントや、誕生月にポイント2倍などのサービスを設けている会社もあります。これらのサービスを有効に活用すると、効率よくポイントを貯めることが可能になります。 たかがポイント、されどポイント。塵も積もれば、大きなメリットを生むことでしょう。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.