ポイントプログラムとポイント還元率 | クレジットカード比較 - 比較.com

 

ポイントプログラムとポイント還元率

クレジットカードには、ポイントプログラムというサービスがあります。カード利用者の方であれば、カードの利用額に応じてポイントが付与され、貯まったポイントを景品やエアラインマイルと交換したり、他のポイントへ移行したりと身近に活用されていると思います。
現金で支払うショッピングに比べて、カードで支払うショッピングならばポイントが貯まる、これがクレジット決済の最大のメリットと言えますね。
クレジットカード会社は、それぞれ自前のポイントプログラムを用意しており、ポイント発行額の総額はなんと1兆円という規模に達するといわれています。身近なクレジットカードのポイントにまつわるあれこれを知って、さらにお得なクレジットライフを目指しましょう。

ポイント還元率

クレジットカードポイントプログラムを比較する目安になるのが、ポイント還元率です。例えば、ご使用中のクレジットカードが0.5%の還元率だとしましょう。その場合、1,000円につき1ポイントが付与されます。そのカード会社には、景品に200ポイントで1,000円の商品券が用意されているとします。200ポイント貯まったところでその商品券と交換した場合、カードの利用額は約200,000円で、交換したのは1,000円の商品券ということは、0.5%が還元されたことになります。
クレジットカード会社では、還元率を0.5%〜1%程度に設定しているところがほとんどです。また、自社商品購入時にはポイントアップとか、還元率が高いボーナスポイントや、誕生月にポイント2倍などのサービスを設けている会社もあります。

ポイント有効期限

ポイント有効期限というものが、クレジットカードのポイントプログラムには設定されていることがほとんどです。有効期限は1〜3年というものから、有効期限が無いカードまでさまざまです。

ボーナスポイント

ボーナスポイントとは、利用額が増えるとポイントの還元率が高くなるサービスです。クレジットカード会社、それぞれに特徴のあるボーナスポイントのサービスを提供しています。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.